- 投資信託の種類 -
投資信託の種類

投資信託はいくつかの種類に分けて考えることが出来ます。


「公社債投資」と「株式投資信託」

公社債投資は国債や社債を中心に運用する投資する投資信託です。
この公社債投資は国内債券と海外債券があります。

ちなみに外貨MMFはこの公社債投資の海外債券と分類され、
中国国債ファンドやMMF、MRFは公社債投資の国内債券と分類されています。


株式投資はその名のとおり、株に投資しし運用する投資信託です。
株式投資は様々な種類があります。

国内株式・海外株式、公社債投資と株式投資を組み合わせたもの(バランス型)、
海外の投資地域を限定したグローバル型や地域限定型、
毎月の分配金がある毎月分配型ファンド、少額投資可能なETF等々・・・
バラエティーに富んでいます。

また、投資期間も短期投資のものもあれば、そうでないものもあります。
購入に関してもいつでも購入出来るものもあれば(オープン型もしくは追加型)、
購入出来る期間が限られたクローズ型(もしくは単位型)といったものもあります。


種類が沢山ありますので、ややこしいと思いますが、
もし投資信託を始める場合であれば、その商品についてはしっかり理解しておきましょう。
理解しておかなければ、資産管理はなかなか難しいからです。

 
Copyright © 投資信託から学ぶ資産運用法 2012 All Rights Reserved.